フジッコカスピ海ヨーグルトを食べたことありますか?
わたしは、あの独特のネバネバの食感が大好き。

スーパーで買ってリピしていたのですけど、
ふつうのヨーグルトよりちょっぴりお高いんですよね。
しかも、あまり特売にならない(笑

そしたら、カスピ海ヨーグルトの手作り用種菌セットが売っているというじゃないですか。
牛乳を注ぐだけで簡単にできて、作ったヨーグルトを種にして繰り返し作れる。。。だって。
すてき。



種菌セットは、2包入って、1,000円(税込)送料無料
1包で500ml のヨーグルトが作れて、種ヨーグルトで繰り返しできるから、かなり経済的です。
それに、カスピ海ヨーグルトは発酵温度が常温(20℃~30℃)でOK。
だから、らくちんです。

で、さっそく手作りしてみました。

カスピ海ヨーグルト3




カスピ海ヨーグルトの作り方


といっても、敢えて書くほどのこともないほど、超簡単。
<用意するもの>
500ml の牛乳、粉末種菌1包、容器、かき混ぜるためのスプーン
<作り方>
熱湯消毒した容器に、室温に戻した牛乳と種菌を入れて混ぜ、室温(20℃~30℃)に24~72時時間、固まるまで放置。
※放置時間は気温により異なります
※スプーンも熱湯消毒してね



カスピ海ヨーグルト


これだけで、ちゃあんと、カスピ海ヨーグルトができました。

しかも、わたしは、ヨーグルティアの容器を利用してるので、レンジでチンしてし容器の消毒ができるから、ホントらくちん。
牛乳と混ぜて待つのみです。
気温が高いこの季節なので、保温容器は使いませんでした。

それに、ここだけの話、牛乳を室温に戻し忘れました(笑
だけど、28時間ぐらいでちゃんと固まりましたよ♪



つくりたてのフレッシュヨーグルトは、とてもおいしいです
自分で手作りしているから、なおさら。

カスピ海ヨーグルトは、酸味が少なく、まろやか。
そして、とろ~っとした口当たりが病みつきになります。
ハチミツなどの甘味も必要としないくらいおいしいです。

次回、出来上がったヨーグルトから作る場合は、
牛乳500ml に種ヨーグルトを大さじ3杯(約50g)でできるそうです。
種ヨーグルトで次に作るのも楽しみ





カスピ海ヨーグルトとは


フジッコのカスピ海ヨーグルトは、世界屈指の長寿地域として知られる「コーカサス地方」から持ち帰った純正種菌です。

特徴は、なんといっても「粘り」。

手作りできるカスピ海ヨーグルトの種菌は、クレモリス菌アセトバクター菌 という乳酸菌からできています。
クレモリス菌が、アセトバクター菌に守られながら発酵して、特有の粘りを作り出すのだそうです。

この粘り成分(EPS)は、食物繊維と似た働きが期待できる成分です。

だから、腸内フローラを整えるためにもってこい。
腸美人になれること間違いなしと思います。

うちは、愛犬にもおすそ分けしてます。



カスピ海ヨーグルトを手作りするのは、とにかく楽ちんでした。
そして、おいしい。
とろ~り美味しいヨーグルトが簡単にできるから、夏休みのお子さんと一緒に楽しく手作り体験するのにもぴったりと思います

詳細はこちらでね。
 「カスピ海ヨーグルト手作り用種菌」1,000円(税込)+送料無料
スピ海ヨーグルト種菌




フジッコの関連記事はコチラ♪



にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 
記事がお役に立てたら、
ポチッとしていただけるとうれしいです


最後までお読みいただき、ありがとうございました

※記事の商品情報は掲載時のものです
※商品レビューは個人の感想で効果を保証するものではありません


こんな記事も読まれています♪