数か月前から、ヘナを使っています。

白髪発生率が高くなり、頻繁にヘアカラーが必要になった今日この頃。
顔には絶対塗りたくないものを、頭皮にはべったり塗って髪を染めている・・・
と考えたら、なんだか急に怖くなって、思い切ってヘナに変えてみようと思ったのです。

ヘナは、頭皮へのやさしさや、髪のトリートメント効果が抜群♪

でも、

ヘナは、準備が大変、片づけが大変、放置時間が長い、思い通りの色に染まらない・・・
ヘナを自宅で染めるのは、苦労が多いのも確か。

試行錯誤の末、一番気に入ってリピしているのが、こちらのシムカラーです。





シムカラーは、無農薬、天然100%の最高品質Aランクのヘナです。
シムからEXセットは、初めての方でも使いやすい、いたれりつくせりのセットになっていますよ。



シムカラーEX<br />セット

【セット内容】
専用ボトル
シムカラーEX 25g X 2
ミニコロ備長炭
ヘラ
手袋
シャワーキャップ



わたしの「シムカラーお気に入りのポイント」は、

★ 準備や片づけが楽
目盛付の容器と、使いきりサイズのパウチ入りヘナだから、計量不要
混ぜるのも、容器の中でするので汚れません。
したがって、片付けも楽。
ヘナによっては、ヘナを溶いてから2~3時間放置しなければいけないものもありますが、シムカラーは、溶いてすぐに使えます

★ 放置時間が短い
塗布後の放置時間が30~40分でOK。
2~3時間放置しなければいけないヘナも多いので、これは楽ちん。

★ しっかり色が入る
放置時間30分だと、染まり具合が心配ですが、きちんと色が入ります。




シムカラーの使い方


乾いた髪に使います。
ヘアオイルで頭皮マッサージをしておくと、染まり具合も、頭皮の乾燥にも良いです。

シムカラー使い方は、いたって簡単。

① 容器にぬるま湯を入れる。
その後、シムカラーと炭を入れ、ふたをして容器を降り、しっかり混ぜ合わせる。

② 容器のまま直接塗布。
容器にヘナペーストが残り少なくなって来たら、ヘラで掻き出す。

③ 塗布後、シャワーキャップをして30~40分放置後、洗い流す。


シムカラー


わたしは、セミロングなので、2パックを使っていますが、
1パックだと大丈夫なんだけど、2パックだと、どうしてもダマができちゃうんですよね。←ワタシの混ぜ方が悪いのか?

ダマができると、容器からペーストが出にくくなって非常にストレス。
なので、2パックの時は、容器を振って混ぜ合わせた後、
ふたを開けて、へらで再びガ~~~~ッと混ぜてダマをなくしています。
ダマができちゃった方は、やってみてね。


シムカラー 塗布中

シムカラー塗布完了



そして、わたしは、染まり具合をさらに良くしたいから、
塗布した後、サランラップ+ 蒸しタオルで包んでから、シャワーキャップ&バンダナをして放置しています。

ラップを巻きます 30分放置



また、ヘナ初心者だと、特に、流した後のゴワツキが気になると思います。
わたしは、ヘナを初めて使ったとき、そのゴワツキに泣きそうになりました(笑
慣れてきた今でも、多少はごわつきます。

ゴワツキ解消策として、
わたしは、すすぐとき、髪に少量ヘアオイルを塗布してからすすいでいます。
そうすると、ゴワツキが軽減されて、しなやかになります。
ペーストに直接ヘアオイルを混ぜる方法もありますが、すすぐときにつけた方が、よりしなやかさを実感できる感じ。。。

ヘナには、油分を吸着する性質があるので、乾燥気味の方は、特に、油分補給はした方がいいかも。


付け加えておくと、

髪を分けるときに使うとがった櫛(わたしは、お箸で代用)、耳用ビニールキャップ、ヘナペーストが垂れてくるのを防ぐためにバンダナなどもあると便利です。
バンダナや耳用キャップは、100円ショップのもので十分。
染まり具合をさらに良くするために、サランラップタオルなどもあると良いと思います。


ヘナ染めに、あると良いもの




シムカラーの染まり具合について


オレンジだと、白髪は、まさにオレンジに染まります。
これは、ヘナの配合比が多いため。
どのブランドのヘナも、配合量が多いと、オレンジになるのは同じです。←経験談

なので、白髪の量の多い方は、オレンジで染める場合は、要注意です。
サイケな女になります(笑

落ち着いた自然な色にしたい方は、ブラウンがおススメです。

オレンジで染めた後、ブラウンで染めると、よく染まります。


ただ、明るめのヘアカラーをしていた方が、
オレンジの後ブラウン、または、ブラウンのみを使うと、仕上がりが暗く感じると思います。
わたしがそうでした。

わたしは、どうしても、明るく染めたいヒトなので、オレンジとブラウンを混ぜて使っています。
そうすると、黒髪も黒くなりすぎず、白髪が抑えめのオレンジに染まります。
全体的に明るくなる感じ。
オレンジはイヤだけど、明るく染めたい方におススメです。

わたしの場合、明るく染めると、頭頂部の白髪の多い部分が明るくなって、髪の薄い人に見えるので(笑
頭頂部のみ、ブラウンで染め直したります。

ひと手間必要ですが、このやり方が、いちばん、わたしの理想の色に近い染まり方になります。
美容院スタイリストさんにも、「上手に染めてますね」と褒められます。←お世辞カモ

ちなみに、オレンジとブラウンを混ぜて染めて、洗い流した後すぐが、こちら。
(髪は濡れた状態です)

シムカラー 染め上がり





長くなりましたが、

わたしもヘナを始めたとき、他の方のヘナレビューをたくさん参考にさせていただきました。
なので、わたしのレビューも参考になればと、気づいたことを、つらつらと書き並べてしまいました(^^;


ちょっと手間がかかるヘナですが、
使ってみると、頭皮と髪のために良いことが、目に見えてわかるんです。

かゆみもなくなったし、抜け毛は激減
そして、髪もツヤツヤ

なので、後戻りできない感じ。
ヘナ、続けます。


シムカラー
シムカラー 8個パック(右)と16個パック




シムカラーEXセットは、初心者の方も、簡単にヘナが始められると思います。
今、ヘナを使っている方も、もっと手軽に染めたいなら、シムカラー、おすすめですョ

計量不要、専用ボトル付、染め時間30分
 シムシムジャパン シムカラー




☆お知らせ☆
この記事は、”熊野筆”で有名な広島産業さんの「MAKE BLUSH .com」に掲載されました。
メイクブラシについての情報も載っているので、良かったらのぞいてみてくださいね♪

広島筆産業 |「メイクブラシ」でナチュラルメーク


にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 
記事がお役に立てたら、
ポチッとしていただけるとうれしいです


最後までお読みいただき、ありがとうございました
※記事の商品情報は掲載時のものです
※商品レビューは個人の感想で効果を保証するものではありません


こんな記事も読まれています♪