最近、ひしひしと感じている髪の老化。
年齢とともに、ハリコシボリュームがダウンしていると実感しております。

もともと髪が太く多いのが悩みだった、わたしでさえ、です。
特に感じているのが頭頂部。
気づいてみれば、フンワリ感が少なく、ペタリ感が漂っているのです(ノ_<)


そんなワタクシ、
エイジングケアコスメで名高いアスタリフト「美髪トライアルキット」を試してみました。
1週間使ってみて、根元フンワリ、扱いやすい髪になっていい感じ♪





そう、聖子ちゃんのCMでおなじみの、あの「アスタリフト」のですョ。

「アスタリフト 美髪トライアルキット」は、
髪のエイジングサインに、富士フィルムの最先端の独自技術でアプローチする、頼もしいヘアケア。


スカルプフォーカスシャンプーコンディショナーエッセンス(頭皮用美容液)の3ステップで、ハリ・コシ・ボリューム感のある輝くふんわり髪を目指します。


スカルプフォーカスシャンプー&コンディショナー


アスタリフト スカルプフォーカスシャンプー&コンディショナー


どちらもノンシリコンです。

画期的なのは、独自成分のヒト型ナノヘアセラミド
富士フィルムの技術が活きた、髪にハリ、コシを与える成分です。

髪のハリ、コシを維持するのに重要な役割を担っているのが、髪内部のCMC(細胞膜集合体)
CMCにはセラミドが含まれていて、それが、髪のハリ、コシを維持しています。

ハリ・コシのなくなった髪は、CMCが減少して、空洞化。
したがって、ハリ・コシを維持するには、セラミドをしっかり補給することが大切となります。

ヒト型ナノヘアセラミドは、「ヒト型セラミド」をわずか20ナノメートルサイズにまでナノ化された成分。
だから、「ヒト型ヘアセラミド」を高濃度に配合でき、しかも、髪内部に浸透させることができる!

これが、髪1本1本にハリコシを与えてくれるヒミツです。


スカルプフォーカスシャンプー&コンディショナー テクスチャ



シャンプーは、ノンシリコン、そして、ラウリル硫酸もフリー。
アミノ酸系洗浄成分で優しく洗います。

ノンシリコンを感じさせないクリーミーな泡立ちで、ストレスなし。
洗い流しす時もごわつかず、しっとりとした触り心地です。

コンディショナーもノンシリコンですが、柔らかくさらりと仕上げてくれます。

どちらも、ダマスクローズの香りがベースのフローラル系。
しつこくなくて、ふんわり優しく上品に香るのも好印象です。


スカルプフォーカスエッセンス


アスタリフト スカルプフォーカスエッセンス



有効成分は、ナノグリチルレチン酸
こちらも、頭皮の毛穴の中までしっかり浸透させる、富士フィルムの独自技術が活きています。

「グリチルレチン酸」は、甘草から得られる成分。
生薬にも用いられる成分で、頭皮環境の乱れを整える働きが期待できます。

優れた成分ですが、水に溶けにくく、頭皮の毛穴まで浸透させるのは困難とされていたのだそう。
そこで、その「グリチルレチン酸」を富士フィルムの「ナノシェル技術」で、わずか80ナノメートルサイズのナノシェルにグリチルレチン酸を高配合した独自成分・ナノグリチルレチン酸を開発。
頭皮環境に良いグリチルレチン酸の浸透力をアップさせました。

他にも、 アスタリフトのスキンケア成分・ナノアスタキサンチン3種のコラーゲンヒアルロン酸植物エキスなども配合。
頭皮の紫外線ダメージや乾燥から頭皮を守ってくれます。


スカルプフォーカスエッセンス



スカルプフォーカスエッセンスは、スタイリングの前や、お風呂上りなど、朝晩2回使います。
頭に押し付けるとペコっと押し付けると液が出てくる仕組み。

これをつけながらマッサージすると、超気持ちいい。
肌なじみもすごくいい感じがします。
ふつうの頭皮エッセンスだと、アルコールで浸透させますが、こちらは、ナノ化して浸透させているから、アルコールはなし。
刺激もなく、頭皮へのやさしさも感じられて、気持ちよく毎日使えました。


アスタリフト 美髪トライアルキット


美髪トライアルキットには、髪のお手入れガイドもついてます。
「簡単頭皮マッサージ」のやり方なども大きく解説されていて、髪のエイジングケアにとても役立ちます。

たった1,200円で、1週間たっぷりアスタリフトの最先端エイジングケア技術を体験できる、充実のセットでしたョ


 アスタリフト美髪トライアルキット1200円+税






にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 
記事がお役に立てたら、
ポチッとしていただけるとうれしいです


最後までお読みいただき、ありがとうございました

※記事の商品情報は掲載時のものです
※商品レビューは個人の感想で効果を保証するものではありません


こんな記事も読まれています♪







カテゴリ