ふつう、家庭で使われている塩素系漂白剤
ツーンと独特のニオイを放ち、塩素ガス発生の恐れもある。。。
環境にも超悪そう

わかっちゃいるけど、
白くきれいにしてくれるから、そんなことには目をつむって、ずっと使ってきました( /ω)


でもね、こちらの酸素系漂白剤に出会ったら、目からウロコ。
人や環境にも優しいのに、そのパワーと使い勝手の良さに感激です

ご縁があって、シャボン玉本舗様にモニターさせていただいています。


シャボン玉せっけん 酸素系漂白剤

 シャボン玉石けん 酸素系漂白剤
ナチュラルクリーニングシリーズ




酸素系漂白剤とは?


よく使われる塩素系漂白剤の代表的な主成分は、次亜塩素酸ナトリウム。

一方、

酸素系漂白剤の成分は、過酸化ナトリウム

過酸化ナトリウムは、水に溶けると、過酸化水素と炭酸ソーダに分解します。
この分解によって、酸素が発生し、漂白効果が得られます。

使った後は、炭酸ソーダ、酸素、水に分解するため、生分解の必要がありません。
また、塩素系漂白剤と違って、使用後は殺菌作用を失います。

なので、環境への負担が少ない


シャボン玉せっけん 酸素系漂白剤の成分


酸素系漂白剤は、環境に優しくて、塩素ガスも発生しない。
なのに、塩素系同様、漂白、消臭、除菌の3つの効果は、きちんと発揮してくれます。

しかも、
ツーンとした嫌な臭いがない
色柄物にも使える
ステンレス製品にも使える

酸素系漂白剤って、使い勝手もすごく良いんです
  酸素系漂白剤




酸素系漂白剤を使ってみた♪


酸素系漂白剤は、洗濯、掃除など、色々な場面で使えます。
色柄物の洗濯や、衣類の染み抜きステンレス水筒の漂白。。。
塩素系でできなかったことにも使えるのがありがたいです


酸素系漂白剤は顆粒状


酸素系漂白剤は、顆粒状。
気持ちよいほど、さっと溶けますョ。


茶しぶが付いたコップ、長年洗うだけだったステンレス製のたらい、ボウル、おたま、フライ返し、そして、黄ばんだふきんをまとめて漂白してみました。


シャボン玉せっけん 酸素系漂白剤を使ってみたその①



シャボン玉せっけん 酸素系漂白剤を使ってみたその②

30℃~50℃のお湯で溶かして使うと効果的。
ということで、
40℃ほどのお湯を使いました。
お湯に溶かすと、ふつふつと酸素発生♪

30分~1時間つけた後、お水でよくすすいで完了。

ピカピカになりました(^^♪



シャボン玉せっけん 酸素系漂白剤使用後


長年使ったステンレス製のたらいは、
期待したほどピカピカとまではいかなかったけど、前よりずっとキレイになりました。
黄ばんだふきんも、
黄ばみが薄くなって、気になるニオイが取れていましたョ。
茶しぶが付いたコップは、
こすりもしなかったけど、真っ白に
そして、ステンレスボウルおたまフライ返しは、
銀食器のように!?ピッカピカによみがえりました
これは驚き~

塩素系漂白剤だと、
ステンレス製のものに使うと、くもりやサビの原因になるから使えない。。。。
とあきらめてたけど、酸素系なら安心して使えるのが、すごくうれしいです。


そして、スニーカーも洗ってみました。


ドロドロのスニーカー


雨の日に犬の散歩に行って、どろどろになった白いスニーカー。
洗わなくちゃ。。。と思いつつ、玄関の隅の方に追いやられてた悲しいスニーカーです(笑

あまりにドロドロだったから、
まず、軽く洗剤で洗ってから、漂白しました。
1時間ほどつけて置いたら、このとおり。。。


シャボン玉せっけん 酸素系漂白剤を使った白いスニーカー


白くよみがえりました
すごいキレイでしょ。

シャボン玉石けんの酸素系漂白剤は、750gもたっぷり入って、たった432円(税込)です。
コスパ最高

シャボン玉ナチュラルクリーニングシリーズには、酸素系漂白剤の他にも、クエン酸重曹もあります。
そちらにも、今、興味しんしん。


シャボン玉せっけん 無添加を科学する
表紙は「シャボン玉石けん」の代表取締役・森田氏
想像とは違って若~い!(笑


実は、商品と一緒に、↑こちらの本もいただいて、これが、すごくためになりました。
合成洗剤でなく、無添加石けんにこだわる「シャボン玉せっけん」の思いもひしひしと伝わり、企業姿勢にも共感。

これからは、わたしも、エコなお掃除を、実践していきたくなりました

 シャボン玉石けん ショッピングサイト




にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 
記事がお役に立てたら、
ポチッとしていただけるとうれしいです


最後までお読みいただき、ありがとうございました
※記事の商品情報は掲載時のものです
※商品レビューは個人の感想で効果を保証するものではありません


こんな記事も読まれています♪